HOME > 介護保険認定までの流れ

介護保険認定までの流れ

<申請>

介護サービスを利用するために、区役所や在宅介護支援センターなどで要介護認定の申請をおこないます。

※原則として、申請から30日以内に認定結果が通知されます

<訪問調査>

訪問調査員がご自宅などを訪問し、心身の状況や生活環境などを調査します。

<第一次判定>

コンピューターによる判定です。

<主治医の意見書>

主治医が医学的な視点で、心身の状況を調査します。

<第二次判定>

第一次判定の結果や主治医の意見書、認定調査時の特記事項に基づいて、医療、保健、福祉の専門家で構成された介護認定証調査会が、給付の有無と要介護度を決めます。

<要介護の認定>

「自立」「要支援」「要介護1〜5」の7区分に分けられます。
「自立」に認定されると、介護保険のサービスはご利用できません。

<ケアプランの作成>

指定居宅介護支援事業者のケアマネジャーがご利用者さまやご家族の希望をうかがい、自立支援につながるケアプランを作成します。

  • ※指定居宅介護支援事業者、ケアマネジャーはご自由にお選びいただけます
  • ※ケアプランはご自分で作成することも可能です
  • ※ケプラン作成は無料です
ケアプランの作成

<ケアサービスのご利用>

ケアプランをもとに、ケアサービスを提供する介護事業所や施設と、契約を結んだうえでケアサービスを受けます。

<介護認定の見直し>

高齢者は短期間で体調が変わるので、通常、3カ月から12カ月の間で見直しをおこないます。

※要介護認定のランクに意義がある場合、認定から60日以内に都道府県に設置されている介護保険審査会に申請すると、要介護認定のやり直しを受けることができます(意義申し立て)